忍者ブログ
おかげ様ブラザーズのVo、kinta minoのブログ。
[9] [8] [7] [6] [5] [4] [3] [2] [1]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

d2d95d60.jpg








和歌山に帰ってきた10年前は心身共にズタボロフェア(こんなん結構あるからねー、気ーつけてねー)で、「キンタ」と呼ばれることから逃れたくて、自分ちの、杉や檜を植林している山に山小屋を作って昼間はそこで過ごしていた。電気がないから電動の工作機械を使う為にエンジンで動く発電機を持って行って、水は近くの天然のわき水を汲んで上がってコーヒーをいれたり番茶をいれたりと結構満喫していた。
そういえばその山小屋の土台(これは一人で作った)を作ってた寒いある日、発電機をまわしてたからその音のうるささで猟師がそばまで来てることに全く気付かず、いきなり振り向いた時に背後に立ってたもんだからもう少しで「きゃー」とか言ってしまいそうだった。猟師は実弾のライフル(熊や猪は散弾じゃなくて実弾)を片手に持ったまま「そんな格好しとったら熊と間違うて撃たれるぞ。」と笑いながら下におりて行った。その時の俺の格好は真っ黒なウィンドブレーカーを着て首には白いタオルを巻いてたんだけど、間違いなくそのおっさんは俺をツキノワグマと間違えて山の上から俺に銃口を向けていたに違いない。

和歌山に帰ってから最初の数年はそんな倉本聰なことをして日々を過ごしていた俺も、ここ数年はネットでバンドのことを書いてる記事やブログを見たりもしていた。本当にいつまでも忘れずに好意的な思いで書いてくれてる人もいれば、ほんまに好き勝手なこと書きやがってな奴らもたくさんいた。歌詞を掲載してるんだけれど微妙に間違ってたり、タイトルを間違ってたり。
そんなものにも今まで一切何のリアクションも起こしてはいない。それというのも、おかげ様ブラザーズがもう一度動くと言うビジョンを俺自身が持っていなかったからだった。その辺の心境の変化もその内書いてみたいとは思っているけれど、話を戻す。

ネットの中にはほんとうにヘンテコリンな話がさも真実であるかのように存在している。他人のことなんて俺たちはそんなに知ってるもんじゃないから、たとえ有名なミュージシャンでも「あの人実はホモです」なんて書いてると疑いつつも「まあそうかもしれへんわなあ」と妙に納得してみたりする。ましてや俺なんか別に知名度があるわけじゃなく一部のコアなファンが存在を知っている、モスラのモデルにもなった羽の表面積が世界一の蛾「ヨナグニサン」程度の認知度なのだから(こうは書いたが検索してみたら1万件近いヒット。完敗。君に〜幸せ〜あ〜れ〜)どんなあやしいことを書かれてもそれは全部本当になる。そんな文章を見つけても俺は何も言わまいと決めていたんだが、この内容だけは発見してから1年も経ったけれど今ここではっきりと否定しておく!
下のURLの中断辺りの文章を読んで頂きたい。

http://led.at.webry.info/200511/article_17.html

俺は情熱大陸には出たことが無いけれど、毎日下着を履き替えるし、今までに一度だってノーパンで生活していたことなどない。百歩譲ってノーパン党だったとしても、それを世間に告げることが自分にメリットになるとは到底思わないので秘密にしちゃう。いやそうじゃなくて、そんな事実はないのだ!
以下に中身を抜粋する。もしこれをこのブログの作者が見たら無断転載なのだが、そんなことを怒ってきたらちょうどいい、逆にこの文章を訂正せよと言ってやる!

『関西だと、元おかげ様ブラザーズのきんた・ミーノさん(現在、和歌山で太鼓を教えている。リンク)もそうだったと思います。』

まるで俺が関西のノーパン男の代表のような書かれ方だ。
それになぜこの人は「だったと思った」のだろうか。どこかにそんなことが書いてあったのか。はたまた誰かがどこかでややもすると俺がしゃべってたんだろうか。そうなってくると形勢は逆転する。どこかの番組で昔そんな話の成り行きで、そう言った方が面白いと思った俺がうっかり言っちゃったか。いや、それはないな。だって俺シモネタ嫌いやし。いや実はそうでもないけどさ。

とにかく、この書き方じゃあ誰が見たって「きんた・ミーノはノーパンフェチ」だと思うだろうし、木村拓なんとかや速水もこなんとかなら女子も喜ぶだろうが俺がノーパンだったところで「すぐ汚しちゃうんだわ!きっと」とか「ああ高血圧でおしっこ近いのね」とかそんな推理なら名探偵コナンの視聴率はガタ落ちだ。

ゴールデンウィークが終わってしまった。
PR
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[01/05 東西南北川です。]
[10/09 のーみそ平和公園]
[06/05 COB-HEY]
[06/05 COB-HEY]
[05/02 ぬかみそ合唱団]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
kinta mino
性別:
男性
職業:
ミュージシャン
趣味:
面白がること
自己紹介:
伝説のコミックバンド『おかげ様ブラザーズ』のリーダー&ヴォーカル。バンド復活に伴い当blog open。
バーコード
ブログ内検索
最古記事
(04/20)
(04/24)
(04/29)
(05/07)
(05/08)
忍者ブログ [PR]