忍者ブログ
おかげ様ブラザーズのVo、kinta minoのブログ。
[16] [15] [14] [13] [12] [11] [10] [9] [8] [7] [6]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

昨日はカメラを持って行ってなかったので写真が無い。
が、とんでもないリハーサルになった。

スマイリーがまだリハに参加できないのは仕方が無いが、リハーサルスタジオを押さえる担当の森松が、東京のバンドサポートの仕事とダブルブッキングしてやがった!しかし、そのことも事前に分かっていたことだし、とんでもない野郎だが(笑)、今日のとんでもなかった理由ではない。

とんでもなかったのはブラッキー岡部だ。


2年前の7月、俺がまだまったくバンドの復活などという恐れ多い構想を持っていなかった頃、MBSのVoice という報道番組のワンコーナーにプチドキュメンタリーの主人公として取り上げられた。内容はざっくり言うなら、一旗揚げようと和歌山を出た青年が夢だったミュージシャンとしてのプロデビューを果たし、それなりにがんばっていたが、挫折して和歌山に戻り、でも今は貧しいながらも有意義な毎日を送っています。と言うもの。ちなみに付け加えておくが、元来ドキュメンタリーとは、その『日常』の中にカメラクルーとディレクターが存在すると言う『非日常』的状況下でしか成立しない映像音声データである。なおかつ、映像の中にある中心的な者の作品ではなく、その映像の制作者の作品である。さらに制作者は常に客観であり続けることなどできるはずが無く、何らかの主観的演出は必然である。そのような多くのお約束的フィルタを経てドキュメンタリー映像と言うものは存在しているのであり、もちろん俺はそれを批難や否定しているんじゃない。前回のオンエアも、インタビューで話した内容のどこを使われるかによって若干の不快さはあったものの、ほぼ納得がいく作品だったし、担当ディレクターI氏の作品コンセプトがよく理解できた。
その同じディレクターが、今度は「再起をかけた復活ライブを決行するまで」を撮る為にまたビデオをまわしている。
昨日も朝から俺の自宅までわざわざ来て、俺がリハーサルに向かう車中で映像とインタビューを撮ると言うことで俺の車に乗り込んだ。午前11:00。

さて、ブラッキーのとんでもない話とどう繋がるのか全く分からないMBS Voiceのお話。
実は、この車中インタビューの最中に岡部から電話がかかってきた。
「朝からえげつない腰痛でさっき病院も行ってきたんですが、しばらく安静にしているようにとのことで、悪いけれど今日のリハには参加できません。』
あっちゃー…。
とにかく謝る岡部に「そんなこと気にせんと今日はゆっくりと養生してな」と言い残し、どうするべきか悩んだが、とりあえず金城に電話した。実は金城は機材の持ち込みの関係で少し早くスタジオに行くと言っていたので、中止するなら早く伝えてあげようと思ったからだ。時刻は多分11:20頃。
リハの予定は1時からだったのでさすがにまだどっかを走ってるだろうと思ったが、金城は既にスタジオに到着していた。後で分かったことだが、その日彼は自分のスタッフを連れてきていて、スタジオで色々とチェックしたいことがあったようで予定よりも大幅に到着を早めていた。
とりあえず事情を説明すると、じゃあ他のメンバーとも連絡をとってもらって、何らかの結論が出るまでセッティングはせずに待っていますということになった。
すぐに福井に電話した。奴も岡部を心配していたが、金城が既に到着していること、俺がディレクターを乗っけてどうせ大阪まで行かなければならないことを告げると、とりあえずスタジオに集まろうと言うことになった。折り返し金城に連絡し、とにかくセッティングも済ませておいて欲しいと伝えた。
金子には連絡しなかった。だって金子は連絡しなくてもスタジオに来るもんね。リハの日だし。
電話の内容で事情を察したであろう助手席のディレクターに改めて事のてん末を話した。
朝、和歌山の自宅でカメラを回してくれたカメラマンとは俺の自宅前で別れて、南港のスタジオには新たなカメラクルーが1時に到着することになっているらしい。

スタジオに到着すると、カメラクルーもメンバーも既に到着していた。
俺もこのリハで確認しておきたいことがたくさんあったので、どうしようかと思案した挙げ句、結局は楽曲の構成等の確認をすることを優先し、俺はドラムを叩くことになった。
そう言えば、手元にほとんど何も残していないおバカな俺と違って、ブラッキー岡部はすばらしく整理整頓が得意で、今回の復活ライブでの候補曲を挙げるとそれら全ての音源を一枚のCDにして全てのメンバーに郵送してくれていた。なので、俺のフラフラしたドラムのリズムでもなんとかそれぞれのメンバーの確認作業は進んだようだが、問題はMBSの撮影クルーだ。俺たちは彼等の存在を無視してリハーサルを始めた。ギターとパーカッション、おまけに俺がドラムを叩いているからボーカルが無い状態のリハをただ呆然と撮影し続ける(笑)。言っておくが俺たちはコミックバンドで、コミックソングのインストなどと言うものは聞いたことが無いし、つまらない。だから誰も笑わない。その状況がおかしくて俺だけがニヤニヤしながらドラムを叩いている。それを見つけたカメラマンが、俺が乗っていると勘違いしたのかレンズを近付けてきた。それがまたおかしくて『俺がドラム叩いてる映像撮ってもしゃあないやろ』と思いながカメラ目線で8ビートを刻んでやったぜ。
結局休憩を2回挿んで、一通り確認できたので、メンバーのインタビュー撮って5時には散会した。
その間に金子が岡部とも連絡をとって、しばらく安静にしてれば大丈夫ということもわかった。ドラマーの職業病ともいわれる腰痛だ、完治は難しいのだろうがうまく付合っていってもらいたいと思う。

そういえば、スタジオの扉というのは防音の為に二重扉になっていて、表には音が聞こえないようになっている。
リハの最中にそのガラスの向こうから覗き込んでいた青年が、目の上に手で影を作ってこっちを見たり外側のガラスに耳を押し付けて音を聞いていたりしてとてもおかしかった。その真正面にドラムセットがあって俺はずっとその青年と目を合わせたり耳がクチャっとガラスに引っ付いてるのを見てたんだ。俺たちは冬場のレオポンか。覗き込むな(笑)。

まあそんなことで、とんでもない1日となったわけだな。
PR
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[01/05 東西南北川です。]
[10/09 のーみそ平和公園]
[06/05 COB-HEY]
[06/05 COB-HEY]
[05/02 ぬかみそ合唱団]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
kinta mino
性別:
男性
職業:
ミュージシャン
趣味:
面白がること
自己紹介:
伝説のコミックバンド『おかげ様ブラザーズ』のリーダー&ヴォーカル。バンド復活に伴い当blog open。
バーコード
ブログ内検索
最古記事
(04/20)
(04/24)
(04/29)
(05/07)
(05/08)
忍者ブログ [PR]